フォト
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月26日 (土)

あの時のこと、今のこと①

はなサンが亡くなって
21日で一年経ちました。
早かったのか、長かったのか、わかりませんが。
なんとか、全ての季節を一巡りできました。

一年経って。
私もだいぶん落ち着いてきました。

今日は当時のことや、今の心境など書いてみようと思います。
(長くなりそうです。別の日にも分けて書きます)


つい最近、本を買いました。

ペットを見送るマナーブック―メモリアルの準備と心がまえ

たまたまショッピングセンターで、本のセールをしていたんです。
そこで、見つけたのがこの本
「ペットを見送るマナーブック」


はなサンが具合悪くなった頃。
この類の本を、手に取ったことがありますが。
あまりに辛くて、少し読んだだけで 買わずに棚に戻しました。


そんな本を
「今さらなぁ。。。」
と思いつつ。
ほとんど衝動買いしてしまいした。


「愛猫を亡くした」。。。という著者。
ご自分の経験からの話しや、その後の取材で得た話し。
とても事務的な手続きから(火葬施設への電話のかけ方会話集などもあって、少し笑えます)、飼い主だからわかる感情・気持ちの揺れなど。
とてもよくわかる本でした。


一年経ち、私の気持ちも落ち着いてきたとはいえ。
それでも今も、何かもやもやした思いや、説明できない何かがあって。
それを言葉でまとめてくれたような気がします。

たくさんの後悔をかかえてた当時ですが。
時間が経ち、またこの本を読み
「良かったのかな」
と思えることがあります。


はなサンを病院で見送ったことです。


当時は、自宅で見送りたかったと、強く思った後悔の一つ。
症状の対処はもちろんですが、亡くなった時の対応が 私には無理だったかもしれません。
汚れた体を清めてくれて(窒息により出てしまったウンチで汚れてしまいました)、肺にたまった水が流れ出ないようノドに綿を詰めてくれたり。
その上で、きれいな段ボールの棺に入れてくれました。
きっと、お顔も体も死後硬直の前に可愛く整えてくれたのだと思います。
亡くなってから、待合所で長い時間 待ったのを覚えています。


もちろん、はなサンは 嫌いな病院より自宅がよかったのかもしれませんね。
私も。
意識のある最後まで触れてやりたかったし、私のニオイを嗅がせてやりたかった。
苦しむ姿をただ見てるのは、本当に辛かったのですが。
それでも、家族全員が死に目に会えた。 
そして病院は、可愛い姿のままの はなサンとお別れする準備をして下さった。
これで良かったのかもしれない
。。。そう、思えるようになりました。


この本で、ペットの死は
想像を遥かに越える喪失感という悲しみの衝撃。絶叫したい程の残酷な現実
と表現されてます。

これで、
「そりゃ、私もいつまでも悲しくて辛くて当然やわなぁ」
と納得したり。

そして、
ペットが生きている間は動物専門の看護士さんでもないのに毎日、排泄の様子を観察し、資格がなくても本や雑誌を参考にして獣医さんの言葉を解釈し世話をしていたことは、すごい頭の使い方をしていたのだなあと思います。生きている間に使っていた、そういう時間をすべて泣く時間にあてたらいいと思います。悔いと付き合うのも人生だ
って書いてあって。
この言葉でずいぶん慰め・励ましてもらいました。


でもね。
飼い主として泣くのは当然で、いくら泣いてもいいですが、体から水分が失われるので、泣いた分、お水やお茶などを飲んで水分を補給しましょう。ただし、過度のアルコールはよくありません
なんて、真面目に書いてあって。
笑わせてもらいましたhappy01

Cimg3983_4

写真は、2007年の5月26日。
お庭で満開のしゃくなげと一緒に、の はなサン。
今年は、少し開花が遅かったです。

2012年5月19日 (土)

名古屋にて

名古屋にて 名古屋に来てます ぴよりん(確か、そんな名前だった)食べました(^ー^)

2012年5月13日 (日)

母の日

母の日ですね。


昨日、お出かけしたら
街は、結構母の日で盛り上がってました。
お花・お洋服のお店はもちろん。
食品売り場に行っても「母の日セール」coldsweats02


おかけで?
カーネーション、もらいましたbleah


戻母依郷さんからは、五周年記念の『ふきん』頂きましたnote

0011

あぁ。
今年も、母の日プレゼントを準備しなかった私。


2012年5月 5日 (土)

いちご狩り

弟家族にお誘いいただき行ってきました、
イチゴ狩り。

イチゴ狩りなんて、子供の頃一度行ったっきり。
最近は美味しいイチゴが安く買えるし。
子供の頃の『狩り』は【レクリエーション】だったけど、オトナには【作業・仕事】のようで。
今までレジャーとしての候補に、あがりませんでしたけど。
(数年前に行ったブドウ狩りは、無料券をもらって行きましたcoldsweats01 ゲンキンなオトナ)

イチゴが大好きな甥っ子。
一面のイチゴを見たら喜ぶだろう。
大食漢sign02の甥っ子。
彼なら、私たちの分も『モト』取ってくれるだろうとsmile

0031

0005

0010

最初こそ、私たちオトナと並んで イチゴ狩りに付き合った甥っ子ですが。
ビニールハウス暑いし。。
すぐに飽きてしまいました。。。catface

0027

それよりも、農機の方が気になり。。。

0009

そして、やっぱり。
走り回ってる方が、楽しいようです。

0032

私たちオトナは、親ツバメのように。
汗をかきかき、イチゴを取り集め。
甥っ子のお口へと、イチゴを運ぶのでした。

2012年5月 4日 (金)

わんわ~ん

昔懐かしいNHK『おかあさんといっしょ』
私だってあった小さい頃catface
もう記憶はないですが、私も観ていたのでしょう。

今も放送されてるのですねぇ。
長いですねぇ。


もちろん、甥っ子も観ているようで。
(ゴールデンウィーク。甥っ子ネタが続きますcoldsweats01
キャラクターはもちろん、歌やフリを覚えているようです。


そんな甥っ子に喜んでもらえたら、と。
人気キャラクター『わんわん』のショーに連れてってきました。
ん?わんわんは『おかあさんといっしょ』じゃないっけ???

0056

NHK大阪放送局。
キレイな立派な建物なんですねぇ。
ゴールデンウィークだからか、屋内屋外で色々催し物もしてました。

0019

0030

一通り遊んだあと。
ホールに入り、席に着くと。。。
ぐずりだした甥っ子。
眠くなった。。。。shock


それでも
「わんわん出てくるよ」
となだめすかし。
なんとかショーが始まり、わんわん登場に

「わんわーんっnote
と叫ぶ甥っ子。

あぁ、良かったcoldsweats01
その姿を見られただけで、私は嬉しい。


その後。
ほっそぉーい目でステージを観ていた甥っ子でしたが。
睡魔に勝てず、ついに眠ってしまいsleepy
お気に入りという『わ~お!』を、一緒に歌って踊る事はできませんでした。

0068

NHKからすぐ近くの、大阪城。
もちろん、甥っ子にはお城なんて興味なく。。。

Osakajo0079

お濠の外の、芝生公園の方が楽しかったみたい

2012年5月 3日 (木)

パーシー

ゴールデンウィーク。
ゆっくり休ませていただいていますconfident

仕事の日の朝は、眠くて辛いのに。
休みの日の朝、さっさと起きるのは何故でしょう。。。bleah


最近の甥っ子。
お気に入りが、アンパンマンからトーマスに変ったようです。
赤ちゃん→男の子  に成長したのでしょうか。

0002


先日も家に来て。
トーマスに登場するキャラクターを教えてくれました。
私には皆一緒に見えるのですが。。。


今朝。
テレビでたまたま放送されてたので、観てみました。
「これがトーマスだってよ」
「これが○○かぁ」
って、両親と一緒にお勉強です。

甥っ子のお気に入りは
パーシー。
なんで主役のトーマスじゃないの?
と思っていましたが。
今日観て、納得。
とても可愛くて、良い子(良い機関車?)なのね。

0003thomas

おばさんも絵本買って、勉強中ですcoldsweats01


意外におもしろい。
きかんしゃトーマスhappy01

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »