フォト
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ありがとうございました | トップページ | はなが教えてくれたもの »

2011年5月28日 (土)

聞いてもらっていいですか?

早いもので、一週間。
昨日は初七日。
早かったような。長いようにも思える一週間でした。


みなさまからの温かい言葉、優しい気持に、どれだけ助けられたかわかりません。
はなサンは愛されてたのだなぁ。
そして、その はなサンのおかげで、私も幸せだなぁ・・・
って、改めて感じました。
本当にありがとうございます。


先週の今頃は。。。
って、今日は時計を見ながらの一日になりそうです。


思えば、はなサンの具合が悪くなるのは決まって土曜日でした。
私たちの仕事に支障がないように…って、気を遣ってくれてたのかな?
それとも、お休みだから「一日中甘えられる」って思ってたのかな?
でも。休日のたびに思い出しそうで、辛いなぁ。


一週間経って。
みなさまからの励ましのおかげもあって。
私も少しずつ落ち着いてきました。


今日は、はなサンの最期のこと、書いてもいいですか?


ワンコを飼っておられる方には、辛い話かもしれませんので。
この後は すっ飛ばして閉じちゃって下さっていいですよconfident



僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫。
そう診断されたのは今年1月16日
前夜、晩ご飯を食べた後くらいから具合が悪くなりました。


その後も、良くなったり、悪くなったり。
良くなっても、少しずつ『できること』が減ってきたり。
はなサンの表情も、以前のような元気さが無くなってきたように思います。


はなサンの左耳。
以前から小さな腫瘍があって、耳垂れが続いてて。
もう一年以上、通院していました。
最期には木苺くらいの大きさになってました。
「悪性じゃないと思うけど、取れたらいいなぁ。手術自体は簡単なんだけどなぁ」
と先生に言われつつ、先生も私も年齢の事を考え躊躇していました。

そんな時に、心臓が悪いとわかったのですが。
それでも、一時は
「これなら、手術も大丈夫かも」
と言っていただけるほど、元気な時もありました。


5月14日の夜。
はなサンが倒れました。

その日は私が朝から出かけてたのですが。
朝から具合があまりよくなかったようです。
お散歩も家の前から動かず、へたりこんだと聞き。
夕方のお散歩も、少し行きたがりましたが 大事をとってお休みしました。
あきらめて早めに、眠った はなサン。
ご飯も、夕方のお薬もまだでしたが、せっかく眠ってるから…と少し休ませていました。
その後、20時過ぎても起きてこないので様子を見にいくと。
少し呼吸が荒い。
慌てて、心臓のお薬と利尿剤を飲まそうと起こしたのです。
ボーッとしながらも、まずはお薬前の小さなおやつを一口。
食べたところで、バタンと倒れてしまい、そのまま失禁。


20時半。
ダメもとで、病院へ電話すると まだ残っている先生がおられて。
「できれば、連れてきて欲しい」と言って頂きました。
心臓が悪いと、その移動だけでも急変して命を落とす可能性もある。。。と言われましたが。
弟が車を出してくれ、連れていきました。
その頃には、はなサンの意識もはっきり戻り。
診察していただいてるうちに、顔色もよくなりました。
お薬がまだ、と話すると。
退院サポートという、レトルトご飯でお薬を飲ませて下さいました。
すんなりお薬を飲んでくれた上、「もっとくれ」と鳴くほど元気に。


翌日、日曜日。
朝、再度病院へ行き、主治医に診ていただいて。
利尿剤を続ける事に。

朝は、フラフラしながらもまだ歩けてたのですが。
午後には、立つこともできなくなりました。
お薬も飲めなかったので、先生に電話すると
「それでも薬は、なんとか飲ませたほうがいい」と。
粉状に潰してお水で溶いて歯茎につけてあげました。

その夜は、1階のリビングで一緒に寝ました。
深夜、一度吐きましたが。
それ以外は、眠れてたように思います。


16日。
仕事を休み、一日はなサンをみてました。
少しずつ歩けるようになってましたが、お水やトイレの場所までたどり着くのが難しく。
でも、補助してやるとお水もトイレもできるようになりました。
お水もトイレも、今までの場所でないと しないので困りました。

夕方、母が帰っても 尻尾も振らないほど元気もなかったのに。
可愛そうに思った母が、ソーセージを少ーしあげると がっついて食べたのです。
犬用とはいえ、塩分が多いからとずっとあげてなかったソーセージです。
その後は、私たちの食事の準備をしていると そばに来てお座り。
「ちょーだい」って。
砂肝・ささみ・卵豆腐・白ご飯を少しずつですが、食べてくれました。


実は、はなサン。
4月29日からヒートが始まりました。
昨年のお正月以来。
もう無いかな…無ければいいな、と思ってたところでした。
ヒートの出血もそうですが、はなサンは出血が終わったその後が大変でした。
興奮して、ぬいぐるみのボールで大ハッスルするのです。
もちろん、今回はさせないように隠したのですが。
昼夜問わず、探しては鳴いてました。
その頃は、一時期怖いくらいに元気でした。
朝も早くに起きて、夜も私が帰宅するまで起きてて。
帰ると、尻尾を振って出迎えてくれました。


そんな、興奮状態の無理がたたったのだと思います。
14日倒れてから、少しずつ良くなりながらも いつもと違う様子を見せるようになりました。


お散歩はずっとお休みしてたのですが。
お水まで、トイレまでの少しの距離でも、動くと息がきれ。
トイレも辛そうでした。
ウンチが出ない。
と思ったら、下痢。それも、ちゃんと出ずに お尻につけたまま寝てたり。
でも、夜中に起きる回数も減り。
寝息も穏やかになり。
徐々に良くなると思ってました。

寝息が穏やか。
穏やか過ぎてました。
いつものようなイビキをせず、とても寝息が静かすぎました。
利尿剤を止めたからとはいえ、オシッコの量が減り。
そのオシッコの匂いが、いつもと違ってとても匂いました。
お水を飲みに行ったのに、飲まなかったということも有りました。
一度止まったヒートの出血が、また始まりました。
何か、違っていました。


そして21日。
朝のお薬を、おやつと共に飲んだところで具合が悪くなりました。
いつもと違う咳。
今までも咳をたまにしてましたが、終わったらケロっとしてた。
でも、この時の咳は とても辛そうで。
それが続いて。

通院予定の日でしたので、予定時間を早めて、急いで病院へ行きました。
受付で「ちょっと苦しそうなんです」と、伝えると。
看護士さんが車にいるはなサンの顔色を見てくれて。
すぐに酸素室へ入れてくれました。
この時はまだ、苦しそうにしながらも、看護士さんに尻尾を振ってみせた はなサンです。


酸素室に入れられた はなサンが、前足でカシカシして落ち着かないので そばで付き添うように言われました。
10~30分ほど様子みて、顔色がよくなったら診察しましょうと。


30分たっても、1時間たっても 変わらず。
2時間たっても同じ。
一緒にずっと付き添ってくださってる看護士さんと
「おかしいね」と言いながら。
先生も診察の合間に、何度も様子を診に来てくれて。
利尿剤・気管支拡張剤の注射。酸素室での心電図(心電図は異常なし)。
でも、はなサンの舌は まるでマグロのトロのように、白い。
出して出してって前足でカシカシ。
時々ワンって言いながら。

そんな はなサンも、横になりました。
ちょっと楽になって、眠くなったのかな。
そんな風に、良いように、考えました。

でも、時々辛そうに咳。
二度、吐きました。

3時間たっても同じ。
モゾモゾしたかと思ったら、ウンチが出てました。
看護士さんがお掃除してくれて。
まだ、出きってなかったウンチを取り出してくれて。
汚れたシートを替えようと、
「ちょっと はなチャンごめんね~」
って、はなサンを抱きかかえたところで 意識がなくなりました。


その後は、たくさんの先生・看護士さんがバタバタと走り回って。
はなサンは、手術室に連れていかれました。

立ちすくむ私に。
ずっと付き添って下さってた看護士さんが
「ちょっと待ってて下さいね」って笑顔で。

奥の手術室からは、先生が誰かに怒鳴ってる声と
「はなちゃん、はなちゃん!」
って呼んでる声が聞こえます。


しばらくすると、私も呼ばれ手術室に入りました。

足に管がつながれ。
そこに何本も注射を入れて。
口には酸素マスク。

その後は挿管に切り替え。

その様子を私は、大好きでよく観ていた外国のテレビドラマ
「ERみたいやなぁ・・・」
ヘンに冷静に見ていたのを覚えています。

やっぱり肺に、水がたまってたのですね。
挿管された管から、鼻から。
赤い水が少しずつ出てきて。
その都度、取り除いたり拭いて頂いたり。


その後。
もう、可能性のない事を告げられ。
まだ温かい はなサンに会わせたいなら、急いで家族を呼ぶように言われました。

もう、すでに患者ワンコ・飼い主さんが誰もいない待合室を走り抜け。
我が家の車一台だけが残る駐車場。
そこで待ってた父に、連絡を頼み。


母と弟が駆けつけるまで。
何度も何度も、心臓マッサージで呼び起こされ がんばった はなサンです。

皆が見守る中、ようやく旅立つことができました。
私たちはもちろん、先生や看護士さん たくさんの人に褒めてもらいながら逝きました。



「できることはやったよ」
そう、言っていただきます。
1月に具合が悪くなってから、私も「もう、長くないなぁ」って覚悟してました。
言わなかったけど。
言えなかったけど。


『いつかは来る日』ってわかってました。
でも。
こんな日が来るとは思わなかった。


山ほどの後悔があるけど。
確かに、未熟でおバカな私のような飼い主には これくらいしか出来なかった。
そこは、はなサンには「しゃーないなぁ」って諦めてもらうしかありません。


でも。
どうしても、どうしても。
自分自身で、我慢ならないことがあります。

未熟でおバカな私にも、できることが出来なかった。
しなかった。


なぜ、最期そばにいながら抱いてあげられなかったのか。
せっかくまた土曜日を選んでくれたのに。


前面がガラス張りだから、私の顔は見えるのに。
私の匂いもしない、声も聞こえない密閉された酸素室。
何度も何度も「出して」って、カシカシしてワンって言ってたのに。
はなサンの声は聞こえなかったけど、私にワンって言ってたのに。


21日までの一週間、なんか様子が違うって思ってたのに。
3時間も酸素室に入れられて、ちっとも良くならないのに。
なんで、最期だって わかってあげられなかったのか。


「これーっ、バタバタしたらダメだよぉ。寝んね、寝んね」
なんて暢気に言ってた私。
せめて、不安にさせたらいけないと ヘラヘラ笑いながら。


あと、10分。
あと30分もすれば、きっと良くなる。

そう思いたかった。
私の希望だけで、正しい判断ができなかった。

先生に
「もう、ダメでしょうか?ダメなら出してあげて下さい」
そうお願いすればよかった。
せめて。
辛そうに咳をする はなサンの背中を、さすってあげればよかった。
声を聞かせてあげればよかった。



そばにいたのに。



でも、もう何度悔やんでも先週の土曜日は戻ってこなくて。




心臓の悪いワンコが、虹の橋を渡った話。
今さら検索してみると、先生や飼い主さん、色々書いておられます。
はなサンと重なるような、様子も書いてありました。

「この病気の最期を知る事は、飼い主が後悔しないためにとても大事なこと」
と、獣医師の伊藤大輔先生が書いてあるのも 前から知ってたのに。
怖くて、ずっと逃げてました。


悲しい話。
して、ごめんなさい。
私が軽くなるために、みなさんに辛い思いを分けてしまってますよね。
でも、私のような後悔しないように、反面教師にしてもらえたら。
私も救われます。



我が家の石楠花が、今満開です。

Cimg2985

はなサンは、その石楠花の足元に作ってる水溜で お水を飲むのが好きでした。
「いつのお水かわからないし、虫だっているのにダメだよーっ」
って言うのに、こっそり飲んで。
口のまわりをべっちゃんべっちゃんにして帰ってきてました。
「飲んでませんけどー」ってな顔して。

Cimg2988

棺の中にも入れてあげた、この石楠花。


とてもキレイなお花だけなんだけど。
これから毎年、見るたびに 思い出すのだろうなぁ。

Cimg3976

« ありがとうございました | トップページ | はなが教えてくれたもの »

はなのこと」カテゴリの記事

コメント

やっこさんが悔やむ気持ちは分かりますが、誰だって、もう駄目かもしれないと思いつつも、わずかな望み、奇跡を願ってしまうと思います。


私もきっと、やっこさんと同じ場面に遭遇すれば「ダメなら出してあげてください」なんて言えなかったと思います。


そんなに自分を攻めないでくださいね。


やっこさんがあまりにも悔やんでいると、はなサンも頑張れなくてごめんなぁって、きっと言ってると思います。


やっこさんが早く笑顔になって、楽しく想い出話をしてくれることを、天国から心配しながら、「はよ、元気だしやぁ~」って見ていると思いますよ(*^-^*)

あの薬をあげるんじゃなかったって思った子、病院を変えたら変わったかもって思った子、家族で外出しなければよかった子、置き去りにしなくてはいけなかった子、私の身代わりに逝ってくれた子・・・。
どの子にも後悔だらけです。。
お花が咲くたびに思い出しましょうよ。。
はなちゃんがめいっぱい生きてくれてたこと・
画面からいっぱいの癒しをくれたこと。。
私は忘れません。。
いっぱい泣けるけど・・・やっこさんの気持ち痛いほどわかるけど・・。
きっと看病にベストはありません。。
私の子は病院でなく、私の足元で最期に小さな息をして旅立ちました。。
触れない方がいいときもあります。
希望を持つのが当然です。。
責めないでくださいね・・・っていっても自分を責め続ける気持ちもわかるから・・
つらくなったら・・またこうやって書いてください。。いい言葉は見つからないけど。。
ちゃんと読んで伝わってます。。
そしてはなちゃんの存在も消えません。。

みなさんのコメント、私にも伝えてくださってるような気がします。
可能性を信じるでしょ、愛してる子供には絶対。可能性を信じないほうの後悔のほうが私はもっと辛いと思います。
そして、はなちゃんの通っていた病院、とっても羨ましくも思いました。
私は、一緒に何時間も側にいたいといっても 側にいさせてもらえない病院しか私は出会ってないから。
またねゆっくり伺わせてね~
やっこちゃんが落ち着いたら。
いっぱいいっぱいお話ししたいです。
聞きたいです。
あまり 自分をせめないでね~

「はなサンが教えてくれたこと」
いーっぱいあるんだろうな。

ブログを始めた時、
思い切ってコメントを書き込んだ唯一のワンちゃんがはなサンでした。

それほどパソコン画面を通じて
みんなを癒してくれたはなサン。

これからもずっと癒してくれると思っていたから、
ノンちゃんとのデートものんびり構えて
実行できなかったことが悔やまれてしょうがありません。

でも今回の「聞いてください」で
また、はなサンから教えてもらいました。
ノンちゃんの咳も軽く考えてはいけないと思われます。

私もはなサンの病気について調べてみました。
いつも通っている病院では咳の事を訴えても
何のアドバイスもないので心配です。
病院は選ばないといけないかな?

またアドバイスをお願いしますね。

やっこさんのやさしい、
それでいておもしろくて分かりやすい文章にも
引かれています。
また書いてくださいね。

また、名前を書き忘れたようです。
↑私です。

以前、母が言っていたことがあります。
どんなに大往生だったねと言われても、遺族にとっての喪失感や哀しみは消えないし、どんなに手を尽くしたとしても、ああすれば良かった、こんなこともできたんじゃないかという後悔の念が消えることは無い、って。

やっこさん、お辛いですね。
文章を読んでいるだけでも、私の胸もヒリヒリと痛みます。
難しい判断だったとも思いますし、その時はきっと、酸素室で回復を待つことがベストの選択だったのだとも思います。
だって、愛するものには少しでも良くなってもらいたいし、明日への希望を繋いでしまうものですもの…。

最後の1枚のはなちゃんの笑顔が、幸せで温かくてまぶしくて、また涙が出てしまいました。
何もできないけれど、やっこさんとはなちゃんを思いながら、今日も心の中で手を合わせたいと思います。

∞はなママさん∞
はなママさんも、同じようにされるかもしれないですか?
そうですよね。
「あぁ、申し訳ないわぁ」なんて、はなサンに思わせたらいけないです(^_^;)
関西弁って、こんな時はいいですね。
「ごめんね」って言われると、なんだか切ないですが「ごめんなぁ」って言われたら
「もう、ホンマにごめんって思てるのん?」って呆れながらも、ふと笑ってしまいます。
これからも、はなサンと関西弁で空想会話していきます♪
ありがとうございました。


∞おかえりサン∞
おかえりサンにも、辛い話を思い出させてしまいましたね。ごめんなさい。
私だけじゃないですよね。
ワンコを亡くした人は、みーんな辛い・悲しい思いと後悔をいっぱい経験してるのですよね。
楽しい日々の分だけ、愛した日々の分だけ、よけい辛いのは 仕方ないことですね。
「触れないほうがいいときも…」そうかもしれません。そういう状態の時もありますよね。
「忘れません。存在は消えません」
本当に嬉しい言葉、ありがとうございます。
また石楠花が咲く頃、一緒に思い出して下さいますか。


∞りぷまま∞
本当に皆さん、わかりやすい言葉で励ましてくださって。「あぁ、そうか。そうかもしれないなぁ」って思わせてもらってます。
「愛する子供には可能性を信じるでしょ」
って、ホントそうだ。
「可能性を信じなかった後悔」を想像すると、怖い。もっと苦しんでたかもしれないね。
ホンマや。ホンマやね。
ありがとう・・・
病院の皆さんにも、本当に色々お世話になったんよ。素人があーだこーだと後悔してもしょうがない。きっと先生や看護士さんがベストをつくして下さったはずやもんね。
また、お参り来てやって下さい。
いっぱいいっぱいお話しましょね。


∞ヨッコらしょサン∞
なんでもタイミングってあるのだなぁって、思いました。
「お誘いしようかと…」とお話いただいた時。
あの頃にちょっと強引にでも「では、いつにしましょう?」ってお約束しておけばよかったと。。。
ノンちゃんも少し具合が悪い、というお話。
どんな具合かと、心配しています。
先日のメールでは、ちょっと内容が薄すぎましたね。ごめんなさい。
咳も頻繁でしょうか?
私は逃げてて勉強しなかったので知識はありませんが、はなサンの体験してきた事ならお話できます。
ちゃんとお話聞いて下さる先生に診ていただければいいのですが。
私でよければ、何でも聞いて下さい。
私もやり直すつもりで、一緒に勉強させて頂きますから。


∞kaoriさん∞
私の腕の中で息を引き取ったとしても。
きっと私のことですから、何かしら後悔はしてたと思います。
それは私でなくても。亡くしたのがワンコじゃなくても。
きっと、愛する者に先立たれた人は、みんな同じなのですよね。
「ベストな判断」
そう言っていただけると、救われます。
「そう、なのかな…」って。
kaoriさんにも切ない思いさせて、ごめんなさいね。
「何もできないけれど」
いえ。
そんなことないですよ。
はなサンと私の事を思って下さる人がいる。
そう感じられて、温かい気持ちになります。
ありがとう、kaoriさん。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとうございました | トップページ | はなが教えてくれたもの »