フォト
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« しあわせの村 | トップページ | 風物詩 »

2009年10月17日 (土)

はなサンの外耳炎

画像取り込みの具合が悪く。
先日、せっかく撮った写真を消失。
ようやく、カメラと共に立ち直った私ですweep


ささ、気を取り直して。

今日は、はなサンお耳掃除の日。

Cimg9897

病院へ向かう車中。
もうすでに、不吉な予感で不安顔…のはなサン。


家でもお耳掃除はしますが、私では上手にできなくて。
約2週間に一度、病院で爪きりとお耳掃除してもらいます。


もともと耳が弱いはなサン。
小さい頃に何度も外耳炎を繰り返させてしまいました。
今みたいに、トリミングもマメに出してあげてなくて。
私が、カット・爪切り・お耳掃除とか、ちゃんと手入れ出来ないくせに…です。
はなサンを、トリミング嫌い・病院嫌いにさせたのは、私なんですね。


今日、診て頂いた先生に。
「なるほど。左耳(特に悪い方)は、もともと弱いうえに外耳炎が慢性化して腫れてしまってます。そのせいで、外耳道がせまくなって風通しも悪くなり、さらに炎症起こしやすいのですね」
と説明していただきました。
「もっとひどくなったら切開も必要でしょうけど、今のように手入れしていれば大丈夫でしょう」とのことです。

Cimg9906

イヤ~な予感のお出かけは、こうやって落ち着かず外を見張ったり。。

Cimg9911

Cimg9913

ブルブル震えながら ハァハァ言ったり・・・
喜んでるお顔とは違いますね。
お耳が後ろにペタンて寝てしまってます。


お耳が痛くなる→痛い所を触られる『病院』へ。。。
∴病院=辛い場所。


というイヤな図式ができあがってしまい、普通に診察や予防注射に行くだけでも恐がるようになりました。
病院の方向へ車を走らせるだけで、震えることもありますし。


爪切りも、マメにしてあげてなかったせいで、血管が伸びてしまってます。
トリミングでも、病院でもギリギリまで切って頂くのですが、それでも他のワンちゃんに比べると常に長い状態。


初めて飼うワンコ。
はなサンを迎える前、色々たくさんの本を読んで勉強した・・・つもりだったのです。
つもり・・・が、認識不足。
私の失敗。。。


本日の、爪切り・耳掃除&診察で、2,400円也crying
当然の報い。。。として。

Cimg9909

« しあわせの村 | トップページ | 風物詩 »

はなのこと」カテゴリの記事

コメント

シーズーは垂れ耳なので炎症おこしやすいですよね。

うちの子は家で特にまめに手入れしているわけでは、ありませんが、たまに赤くなってしまう事がある程度です。

耳の毛が伸びると掃除しにくくなるのですが、この耳の毛を抜くのが難しいですよね。

病院嫌いは性格もあるかもしれませんよ。

うちの子はビビリなのでワクチン打つ程度でも小さい頃から病院嫌いです。

電車で二駅先まで乗るだけですが行きはブルブル緊張していて帰りはホッとした顔していますよ(*^Δ^*)

∞はなママさん∞
ありがとうございます、はなママさん(@_@。
確かに、病院嫌い、元々ビビリの性格のはなサンなのかもしれませんね。
でも、酷くなっては病院で痛い耳を触られて。
私も小さい頃に耳鼻科に通ってた事があったので、それを思い出すと可哀相に思って。
慢性化してしまうほど、何度も酷くさせてしまったの私の失敗ですからね。
結果、イヤな病院に通う回数が増えてしまってね(~_~;)
同じ犬種でも、耳・足・呼吸器…など元々弱いところって違うと思いますが、私みたいに失敗した飼い主を反面教師にしていただければ、と思います。
とっても初歩的な失敗ですけど(^_^;)
はなチャンも、病院イヤよねぇ。
病院に行くと、ちっちゃなワンコ、大~きなワンコ関係なくブルブルしてて。可哀相だけど、ちょっと笑ってしまいます(*^m^)

元々・・耳とか爪とかは何匹飼っても難しいですからどんまいですよ^^
1番大切なのは・・わんちゃんの変化に早く気づいてあげることだと私は思います・・。
大事に育ててられるから、はなちゃんは高齢だけど・・とっても元気そうです^^
きっと幸せものですよ^^

∞おかえりサン∞
おかえりサンまで…ありがとうございます(@_@。
もし新しいワンコ家族を迎えることがあったら、絶対爪とお耳は、同じような失敗をしないっ!って今は思ってますけど。
きっと、そっちにばかり意識がいって 別のことに注意してあげられないような・・・
そんな気もします…私の場合(^_^;)
ちょっと前まで、昼間は はなサン一人(一匹)でお留守番でしたが、今は父がベッタリ一緒なので、ちょっとした変化も教えてくれて。
超出不精の父が『はなサンの病院』と言えば、文句なく運転手となって連れてってくれるので、本当に助かっています。
両親・弟夫婦・ご近所さん・お友達。
皆さんが気にかけて可愛がってくれるので、元気で若々しく?いられるのだと思います(*^_^*)
ホント、幸せものです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しあわせの村 | トップページ | 風物詩 »